初期の作品 1993年頃

ロボットモチーフ作品「マサノヴァアート」の誕生

1993年に東大阪市の町工場でロボットモチーフ作品の制作がスタートしました。

電子機器を扱う仕事をする中、数多くの部品と出会い、そのデザインの素晴らしさに気づいた時に誕生しました。

なにげない一つのパーツにも意味があり世界を動かす役割がある。

縁の下の力持ちである部品たちの持っているデザインの力を最大限に活かした作品制作を心がけています。

マサノヴァアートは部品の素敵を大切にしています。