MASSANOVAART / マサノヴァアート

 

小さなロボット。よく見れば、そのボディーは接続ジャック、両腕・両足はしゃもじのような電子部品でつくられている。電子機器を扱う仕事をする中、無数の部品たちのプロダクトとしての完成度、その精緻な美しさに気がついた時、マサノヴァアートは生まれました。たとえ工業部品といえども、その形にたどり着くまでには多くに技術と時間がかけられ、部品ひとつにも物語が秘められている。機能美に優れた部品をコアに、それに合うパーツを探しハンドメイドで組み立て、カタチづくられていく。部品は無限にあり、その数だけキャラクターは生み出される無機質な工業部品に手づくりの温もりと個性が与えられる瞬間を大切にお届けできればと思います。

 

The starting point for Japanese monozukuri (manufacturing culture) is, without a doubt, its wide variety of industrial components. Here, these different parts—screws, nuts and the like—have been brought together and transformed into accessories based on an adorable robot motif. High-precision processing techniques refined in the domain of electronic device manufacture have been put to use in handcrafting these 2cm-tall robots, which exploit the special characteristics of various materials including stainless steel, iron and glass. The parts that these robots are built out of are homogenous and inorganic-looking at first glance; yet a closer look reveals a mosaic of individuality, with each robot having a subtly different expression. With their wry humor and cheery playfulness, these little works of art are sure to raise a smile from anyone seeing them. With so many different types on offer, just choosing your favorite is an enjoyable task. A close look at the robots may perhaps reveal one of the components that we use in our everyday lives, repurposed here in some unexpected way.                                                                                               Tiny robot factory   MASSANOVAART

日本のモノづくりの原点ともいえる工業製品部品の数々。そのネジやナットといったパーツたちが集まって、愛らしいロボットモチーフのアクセサリーになりました。電子機器製造業として培った精密加工技術を駆使し、ステンレスや木、ガラスといった素材の特徴を生かしてハンドメイドでつくられたロボットたち。一見、均一的で無機質に感じられるパーツの集合体ですが、実は一つひとつ表情が異なる個性的な面々。とぼけた表情やにっこりした表情など、眺めているだけでこちらまで笑顔にしてくれそうです。



 

 トーヨー電子製作所/マサノヴァアート

〒573-0066 大阪府枚方市伊加賀西町67-2-103

℡:072-844-4611

✉:massanova-art@y8.dion.ne.jp