Since 1994

 

電子機器を扱う仕事をする中、部品の持っているデザインの素晴らしさに気付き これらのもので何か新しいことが出来ないかと考えたのが

「マサノヴァアート」の始まりでした。

長年にわたり工業製品部品を扱ってきた技術を活かし小さなロボットを皆様にお届けいたします。

 

 

MASSANOVAART / JUN TANAKA

MASSANOVAART

The starting point for Japanese monozukuri (manufacturing culture) is, without a doubt, its wide variety of industrial components. Here, these different parts—screws, nuts and the like—have been brought together and transformed into accessories based on an adorable robot motif. High-precision processing techniques refined in the domain of electronic device manufacture have been put to use in handcrafting these 2cm-tall robots, which exploit the special characteristics of various materials including stainless steel, iron and glass. The parts that these robots are built out of are homogenous and inorganic-looking at first glance; yet a closer look reveals a mosaic of individuality, with each robot having a subtly different expression. With their wry humor and cheery playfulness, these little works of art are sure to raise a smile from anyone seeing them. With so many different types on offer, just choosing your favorite is an enjoyable task. A close look at the robots may perhaps reveal one of the components that we use in our everyday lives, repurposed here in some unexpected way. Perhaps the out-of-the-box thinking embodied in these toys will provide some hints or ideas for those who are seeking some inspiration of their own.

日本のモノづくりの原点ともいえる工業製品部品の数々。そのネジやナットといったパーツたちが集まって、愛らしいロボットモチーフのアクセサリーになりました。電子機器製造業として培った精密加工技術を駆使し、ステンレスや鉄、ガラスといった素材の特徴を生かしてハンドメイドでつくられた体長2cmほどのロボットたち。 一見、均一的で無機質に感じられるパーツの集合体ですが、実は一つひとつ表情が異なる個性的な面々。とぼけた表情やにっこりした表情など、眺めているだけでこちらまで笑顔にしてくれそうです。種類も多く、選ぶ楽しさも味わえます。よく見ると、意外なところに身近なパーツが使われているのを発見するかも。アイデアに詰まったときには、発想の転換のヒントにもなりそうです・・・Wonder 500

 

My father’s company, Toyo Electronic Factory, Co. Ltd., in Higashi-Osaka City of Osaka, was engaged in producing and delivering electronic parts, so that in my childhood I used to play with them.
Later, I grew up to enroll in Kyoto College of Art (now integrated into and renamed as Kyoto University of Art and Design). I majored in ceramic arts and studied arts and crafts as well as electronics.
After graduation, I joined the company, and soon found a brilliant potential in the ready-made industrial parts to create an extraordinary value. In 1993, enchanted with these burgeons, I made renovation of company and launched the craftsman’s label “Massanova Art(TM)” as the company’s flagship brand, a business that is set to rework various industrial ready-mades and to repurpose them for a robot-like toy, craft, and accessories. 

 

MASSANOVAART has held exhibitions in galleries and shops, and led numerous workshops/ lectures throughout Japan. It also specializes in collaborating with clients in developing a product line and elaborating the original robot-like miniatures from ready-mades for industry. All the miniatures are crafted by hand in detail through OUR OWN HIGH-PRECISION PROCESSING TECHNOLOGY.

robot art

ELECTRONIC PARTS ROBOT MOTIF

 

PENBLANK ROBOT MOTIF

1994年     ロボットモチーフ製作開始

2007年     KDDIデザイニングスタジオ展示

2010年     大阪ほんわかテレビ ・ 朝日放送「NEWSゆうプラス」

2012年     トラスコ中山株式会社「オレンジブック・イチオシカタログ」

2013年     大阪産業振興機構 のもづくり大使に「キーボン」就任

                フェリシモ予約コレクション「ねじねじーず12」  

2014年    スタジオアルタ 4代目アルタビジョンリニューアル コラボレーションマスコット「アルタン」制作

                NHK BSプレミアム まるごと知りたい!AtoZ「ここまでスゴイ!驚きのロボット大集合」

2014年    フランス・パリ「ル・ボン・マルシェ リヴゴーシュ」「ル・ジャポン リヴゴーシュ」出展

2015年    近畿経済産業局 DISCOVER KANSAIプロジェクト 関西クールジャパン商品選定

                フェリシモ「帰ってきたねじねじーず」

                関西外国語大学PBL商品開発コラボレーション(マサノヴァアート×関西外国語大学×西武高槻店×北大阪商工会議所)

2016年    大阪府「大阪製」ブランド製品認定2016年 Wonder 500 認定

2016年    パリ メゾン・ワ デモンストレーション

2016年    大阪府枚方市 枚方ふるさと寄附返礼品に選定

2017年    東京ゲームショウ2017 T-FAN SITE  オリジナルグッズ 麻雀ロボット企画・制作・製造

2018年    読売新聞 The Japan News

2019年    アートギャラリー北野個展 アンノウンアジア

Paris

DISCOVER KANSAIプロジェクト  

パリで関西のクールジャパン商品の常設展示

maison wa  8 bis, rue Villedo 75001 Paris

 

Massanovaart crée des accessoires originaux issus du façonnage précis des pièces détachées de produits industriels.Dotées de cette capacité à relier

les choses entre elles, ces pièces détachées contribuent depuis longtemps à soutenir le quotidien de tout un chacun.A travers nos créations, nous

valorisons au maximum le charme de ces pièces détachées, pour en faire des produits artistiques au design raffiné.


ELECTRONIC PARTS ROBOT MOTIF

電子パーツ・工業製品部品を加工したロボットモチーフのアクセサリー 

RCAジャック、アクリルボルト、ネジ・ナット、圧着端子など

パーツデザインの良さを最大限に活かし製作

製作例

1、パーツの選定:デザイン&カラー

2、ロボットデザイン決定

3、腕部の穴あけ加工:1.5mm

4、脚部の穴あけ加工:1.5mm

5、耳部の穴あけ加工:1.8mm

6、目部の穴あけ加工:1.2mm

7、鼻部の穴あけ加工:2.5mm⇒中央に0.5mm

8、目の取り付け:精密小ネジ&極小ナットをセット

9、鼻の取り付け:0.5mmの加工穴に0.55mmのパーツピンをセット

10、耳の取り付け:キャップスクリューボルトをセット

11、腕・脚部の加工穴にハトメをセット

12、腕部・脚部パーツ製作:ワイヤーに圧着端子をセット

13、上記パーツ(腕・脚)を本体に取り付け

14、完成ロボットに金具取り付け:上部フック・バッジ・ピンズ

最大部品点数約25個のパーツをひとつひとつ丁寧に加工製作


PENBLANK ROBOT MOTIF

万年筆やボールペンを製作するときに使用する軸素材を加工製作

ペンブランク:アクリル樹脂・木製・アクリル&木 

世界各国から取り寄せたペンブランクのデザインを最大限に活かし製作

 

製作例

1、ペンブランクの選定:デザイン&カラー

2、ロボットデザイン決定:最終デザインではなくラフ案

3、棒状ブランクを各パーツにカット

4、パーツの荒削り

5、滑らかに研磨作業

6、さらに研磨剤を使い滑らかに

7、艶が出るまでバフで仕上げます 

 8、目の取り付け

  ・左右穴あけ加工:2段階

  ・目のパーツ取り付け  ※目の取り付けにより最終デザインが決定

9、ほっぺたの取り付け

  ・左右穴あけ加工:2段階

  ・ほっぺたパーツ取り付け

10、口の取り付け

  ・口じり左右穴あけ加工

  ・真鍮線にハトメパーツを加工

11、耳の取り付け

  ・本体デザインにネジのデザインを合わせる

  ・左右穴あけ加工

  ・ネジ穴を切りながら取り付け  

12、胴体の手足部分4箇所に穴あけ加工

13、本体サイズに合わせて長さ、ボリュームを調整

14、各パーツを取り付け 

15、顔下部、胴体上部に取り付け穴加工

16、顔と胴体を繋ぎ合わせる 

17、胸部パーツ取り付け加工:0.5mm~0.7mm

18、ハート型、星型、歯車型デザインパーツを加工 

19、金具取り付け:上部フック・バッジ・ピンズ  

最大部品点数約50個のパーツをひとつひとつ丁寧に加工製作


ワークショップ / 工作教室&企画

 

 

マサノヴァアートではワークショップ・出張授業(工作教室)を開催しています。

ひとつの部品がロボットモチーフの作品として出来上がっていく過程などを簡単にわかり易く体感して頂けるプログラムになっています。

安全な作業工具の使い方から工業製品部品のお話など、モノづくりの大切さを楽しく学びます。

<詳細>

 

 

 

過去に開催されたワークショップ 

・ロボティクスTOWN小倉(北九州市)
・ロボスクエア福岡(福岡市)
・米原市近江公民館(滋賀県)
・八幡市生涯学習センター(京都府)
・大阪科学技術館
・大東市生涯学習センター
・門真市立文化会館
・大阪狭山市立公民館小学校

【京都府相楽郡】和束小学校
【大阪市】波除小学校
【枚方市】東香里小学校
【守口市】滝井小学校
【高槻市】大冠小学校・奥坂小学校
【摂津市】味舌小学校
【大東市】四条北小学校
【豊中市】豊島小学校
【東大阪市】花園小学校・池島小学校・高井田東小学校・玉美小学校・長堂小学校・西堤小学校
【富田林】第一小学校
【泉佐野市】第一小学校
【泉南市】雄信小学校
【和泉市】鶴山台南小学校・和気小学校中学校
・大阪府立柴島高等学校
・大阪府立枚方なぎさ高等学校

・関西外国語大学
・各地、中学校その他・全国、学童保育、公共施設など多数

 

 

 


「ビーチサンダル物語」ビーチサンダルを使用したキャラクター 

 マサノヴァアートではあらゆる素材をキャラクターにします。

Toyo Electronic Factory Co., Ltd.

MASSANOVAART / マサノヴァアート 

67-2-103 Ikaganishi-machi Hirakata-shi Osaka-fu 573-0066   

072-844-4611

メモ: * は入力必須項目です