MASSANOVAART / マサノヴァアート

 

アートは特別ではない鋲螺のように。

 

鋲螺(びょうら)とはネジのことである

 

生活のすぐ近くに存在する縁の下の力持ち

 

機能的な美しさは私たちの一番身近なアートではないでしょうか

 

マサノヴァアートは鋲螺などあらゆる

 

工業製品部品のデザインの素晴らしさを最大限に活かし

 

デザインから制作まで ひとつひとつ丁寧に作り上げます。

1973年、中小企業の町 大阪府東大阪市に私の父がトーヨー電子製作所を設立しました。

家業が電子機器を扱う環境であったので、私の周りにはいつも電子部品や鋲螺などあらゆる部品があり、

幼い頃からおもちゃ代わりに遊んでいました。

1994年・電子機器を扱う仕事をする中、部品の持っているデザインの素晴らしさに気付き

これらのもので何か新しいことが出来ないかと考えたのが「マサノヴァアート」の始まりでした。

長年に亘り工業製品部品を扱ってきた技術をいかし、小さなロボットたちを皆様にお届け出来ればと思います。

ロボットアート マサノヴァアートオリジナル作品 

The starting point for Japanese monozukuri (manufacturing culture) is, without a doubt, its wide variety of industrial components. Here, these different parts—screws, nuts and the like—have been brought together and transformed into accessories based on an adorable robot motif. High-precision processing techniques refined in the domain of electronic device manufacture have been put to use in handcrafting these 2cm-tall robots, which exploit the special characteristics of various materials including stainless steel, iron and glass. The parts that these robots are built out of are homogenous and inorganic-looking at first glance; yet a closer look reveals a mosaic of individuality, with each robot having a subtly different expression. With their wry humor and cheery playfulness, these little works of art are sure to raise a smile from anyone seeing them. With so many different types on offer, just choosing your favorite is an enjoyable task. A close look at the robots may perhaps reveal one of the components that we use in our everyday lives, repurposed here in some unexpected way.    

日本のモノづくりの原点ともいえる工業製品部品の数々。

そのネジやナットといったパーツたちが集まって、愛らしいロボットモチーフのアクセサリーになりました。

電子機器製造業として培った精密加工技術を駆使し、ステンレスや木、ガラスといった素材の特徴を生かして

ハンドメイドでつくられた体長2cmほどのロボットたち。

一見、均一的で無機質に感じられるパーツの集合体ですが、実は一つひとつ表情が異なる個性的な面々。

とぼけた表情やにっこりした表情など、眺めているだけでこちらまで笑顔にしてくれそうです。

種類も多く、選ぶ楽しさも味わえます。よく見ると、意外なところに身近なパーツが使われているのを発見するかも。


1994年 京都芸術短期大学陶芸コース卒業

1994年 ロボットモチーフ製作開始

2007年 KDDIデザイニングスタジオ展示販売

2010年 大阪ほんわかテレビ ・ 朝日放送「NEWSゆうプラス」紹介

2012年 トラスコ中山株式会社「オレンジブック・イチオシカタログ」掲載

 

2013年 大阪産業振興機構 のもづくり大使に「キーボン」就任・フェリシモ予約コレクション「ねじねじーず12」販売

 

2014年 スタジオアルタ 4代目アルタビジョンリニューアル コラボレーションマスコット「アルタン」企画・製作・NHK BSプレミアム まるごと知りたい!AtoZ「ここまでスゴイ!驚きのロボット大集合」紹介

 

2014年 フランス・パリ「ル・ボン・マルシェ リヴゴーシュ」「ル・ジャポン リヴゴーシュ」出展

 

2015年 近畿経済産業局 DISCOVER KANSAIプロジェクト 関西クールジャパン商品選定・フェリシモ「帰ってきたねじねじーず」販売・関西外国語大学PBL商品開発コラボレーション(マサノヴァアート×関西外国語大学×西武高槻店×北大阪商工会議所)

 

2016年 大阪府「大阪製」ブランド製品認定

 

2016年 Wonder 500 認定

 

2016年 パリ メゾン・ワ デモンストレーション開催

 

2016年 大阪府枚方市 枚方ふるさと寄附返礼品に選定

 

2017年 東京ゲームショウ2017 T-FAN SITE  オリジナルグッズ 麻雀ロボット企画・制作・製造

 

2018年 読売新聞 The Japan News に掲載


お取引先・販売店 順不同

株式会社高島屋・株式会社そごう西武・株式会社水嶋書房・株式会社ロブテックス・三省堂書店有楽町店・TーSITE枚方
株式会社せのや・東急ハンズ梅田店


海外 Maison wa(フランス・パリ)・Neo T(フランス・パリ)・Le rocketship(フランス・パリ)


Paris

Massanovaart crée des accessoires originaux issus du façonnage précis des pièces détachées de produits industriels.
Dotées de cette capacité à relier les choses entre elles, ces pièces détachées contribuent depuis longtemps à soutenir le quotidien de tout un chacun.A travers nos créations, nous valorisons au maximum le charme de ces pièces détachées, pour en faire des produits artistiques au design raffiné.


小さなロボットの製作所

トーヨー電子製作所  MASSANOVAART

代表 田中 潤   /  tanaka jun

 〒573-0066 

大阪府枚方市伊加賀西町67-2-103(工房・試作)   

℡:072-844-4611 

Mail : massanova-art@y8.dion.ne.jp